母子手帳いつもらえる?どこでもらえるの?なんのために必要なの?

妊娠すると必要になる母子手帳ですが、いったいいつもらえるの?またどこでもらえるのか?なんのために必要なのでしょうか?母子手帳がいつもらえるのか?どこでもらえるのか、なんのために必要なのかみていきましょう。

母子手帳はいつもらえる?

bositetyouitu

midorihosi 産婦人科で妊娠が確定したらもらえる

もしかして、妊娠したかもしれないと、妊娠検査薬を使って検査をしてから、産婦人科に受診します。産婦人科に受診して妊娠が確定すると、産婦人科から母子手帳をもらうようにいわれますので、その後もらいにいくようにしましょう。

母子手帳はどこでもらえるの?

産婦人科で妊娠が確定すると、母子健康手帳をもらってくるようにいわれますが、いったいどこでもらえるのでしょうか?

母子手帳はどこでもらえるのかというと、住んでいる市区町村の役所で母子手帳がもらえますので、住んでいる役所に母子手帳の手続きをしにいきましょう。

midorihosi 妊娠届出書を役所で提出しよう

住んでいる市町村の役所で、母子手帳をもらう際の手続きですが、ほとんどのところは妊娠届出書を提出します。自治体によって、必要な持ち物に違いが出てくるので、事前に調べておくようにしておくといいでしょう。

母子手帳はどんな時に必要なの?

妊娠すると、母子手帳が絶対に必要になるのですが、いったいなんのため、どんな時に必要なのでしょうか?母子手帳は様々な時に必要になりますので、絶対にもっておきましょう。

midorihosi 検診や予防接種を受ける時にも大事

母子手帳は妊婦健診、乳幼児健診、産婦人科、歯医者、予防接種を受ける際などなどたくさんの時に母子手帳は必要になります。妊娠中は母子手帳は、外出する際には、持ち歩くことを習慣化しておくようにしましょう。

midorihosi 母子手帳はママの体調などの管理に役立つ

母子手帳にママの基本的な情報を記録する箇所があります。また、検診をいつうけたか?いつ受診したか?いつ体調を崩したのかなどなど記録しますので、産婦人科はもちろん、他の医療のスタッフが母子健康手帳を見ると、把握できます。

母子健康ケースに入れて大事に持ち歩こう

スマートフォンケースがあるのと同じく、母子手帳ケースがありますので、母子手帳ケースに入れて持ち歩くようにしましょう。母子手帳は、赤ちゃんが生まれるまでだけではなく、小学校入学までママや子供の健康、成長を記録するので、長い間使います。

母子手帳ケースはネットで検索しても、色々とたくさんおしゃれな母子手帳ケースが出てきますし、無印やロフトなどでもたくさん売られていると思いますので、母子手帳をもらったら母子手帳専用ケースも買って大事にしていってくださいね。