太りすぎは出産の時に影響する!体重管理はしっかりと!

妊娠すると太りすぎに要注意しないといけないことを耳にしたことがありませんか?妊娠中は痩せすぎももちろんNGですが、太りすぎもNGです。太りすぎるといったいどういった影響が出てくるのかを解説していきたいと思います。

太りすぎるといったいどんな影響が出てくるのか?

chekukuro 妊娠糖尿病になるリスクが上がる

妊娠中に太りすぎると、妊娠糖尿病になるリスクが高くなります。妊娠糖尿病になると、妊娠高血圧症候群のリスク、早産のリスクが高くなるので、注意したいところです。

そして、赤ちゃんにも影響が出てきます。赤ちゃんが4000g異常の巨大児になってしまったりすることもあると言われております。また、産道に脂肪がつきすぎてしまったり、出産時間が長くなってしまったり、赤ちゃんが中々出てこず帝王切開になったりすることもあります。

体重管理をしっかりしよう!

hutorisugi妊娠中の体重増加量っていったいどのくらいだと思いますか?体型によって変わってくるので、自分の体形をチェックして体重増加量を覚えておくようにしてください。

chekukuro 痩せている:9キロ~12キロ

chekukuro 標準:7キロ~12キロ

chekukuro 肥満:個別対応

食事と運動で体重コントロールしよう!

妊娠初期はつわり症状などで、運動はできない状況だと思いますので、妊娠初期は食事で体重をコントロールするようにしましょう。妊娠3ヵ月目以降は少しづつ動けるようになりますので、運動をして摂取カロリーと消費カロリーのバランスをとっていきましょう。

妊娠中の必要な1日の摂取量ってどのくらい

妊娠中の1日の摂取カロリーってどれくらいだと思いますか?妊娠前の1日に必要なエネルギー標準体型の人で約1950カロリーです。妊娠中は赤ちゃんにもエネルギーが必要になりますので、少し+したカロリーが必要になります。

妊娠初期ですと、+50カロリーほど、妊娠中期ですと、+250カロリーほど、妊娠後期になると+450カロリーほど+で必要になります。産後に授乳などで体脂肪が必要になりますので、栄養は蓄えておく必要があります。太りすぎはよくありませんが、いつもより少し多く食べるぐらいがちょうどいいとされています。

太りすぎもよくありませんし、痩せすぎもよくありません。妊娠中は体重のコントロールが大事になりますので、毎日とはいいませんが、できるだけ体重を測る習慣を身に着けていってくださいね♪