妊娠から出産までかかるお金(コスト)についてまとめてみました!

妊娠~出産まで、いったいどれくらいのお金がかかってしまうのだろう?妊娠、出産まで必要なお金についてまとめてみましたので、参考にしてくださいね。ある程度把握しておくことで、節約に励むこともできますので、事前把握をしておきましょう。

妊娠~出産までかかる平均のお金のまとめ

pointo200

妊娠~出産までかかる全体のお金ですが、調べてみると平均約90万ほど必要になります。妊娠~出産までかかってしまうお金の内容は、入院費、分娩費、検診の自己負担分などなどありますので、それぞれみていきましょう。

妊婦健診費用(自己負担分)

どこの自治体でも、国が推奨している妊婦健診回数は14回といわれております。14回分の妊婦健康診査受診票がもらえる助成があります。住んでいる地域などによって、助成金額や内容の違いがありますので、助成で足りない場合は、自己負担になります。

平均かかってしまう金額は約4万円ほど。

マタニティグッズ(葉酸サプリや妊娠線予防クリーム、マタニティ下着など)

妊娠すると、色々なグッズが必要になります。例えば、妊娠初期に必要な葉酸が入っている葉酸サプリ。妊娠3ヵ月目以降から、ケアしたい妊娠線の予防クリーム、マタニティウェアや下着などが妊娠中に必要なグッズです。

節約できるところは、マタニティウェアですね。リサイクルショップやオークション、また先輩ママのお下がりなどで節約できます。マタニティ下着などは少しお下がりはあんまりしないと思いますので、マタニティウェアをお下がりできるならしておきましょう。

マタニティグッズのかかるお金 平均 3万円ほど

midorihosi 妊娠中に必要な葉酸サプリ無添加人気ランキングもチェックしておきましょう!

里帰り出産の交通費用

田舎で出てきて、都会に住んでいる方は、里帰り出産を希望するママもたくさんいると思います。実家が近い、実家暮らしなら費用はかかりませんが、地元が遠い人の場合ですと、意外と交通費がかかってしまうことがあります。

実家の場所によりますが、遠い人で10万円以上かかってしまうこともあります。事前にどれくらい里帰り出産の交通費がかかるのかした調べてしておきましょう。

里帰り出産の平均費用 2万円~10万円

妊娠~出産までトラブル費用(自己負担)

妊娠から出産まで、トラブルはつきものです。どういったトラブルが起きるの予測できませんが、何かのトラブルがあった時は、病院に受診する必要がありますので、その分お金がかかります。妊婦さんの半数以上の方が妊娠中のトラブルを経験しているので、何かのトラブルの時用のお金も見積もっておきましょう。

トラブルの平均費用 5万円ほど

入院、分娩費用

入院、分娩費用ですが、産婦人科や分娩方法によって、違いが出てきます。かかる費用が、少ない方、多い方は人それぞれです。出産育児一時金は、42万円もらえます。入院費用、分娩費用を確認して産院を選ぶようにしましょう。

平均は50万円ほどと言われております。

妊娠から出産まで節約できるところは節約を!

妊娠から出産までたくさんのお金が必要になります。実は節約するところは意外と少ないのです。節約できるところはできます。例えば、上記でも紹介しておりますが、マタニティウェアなどは先輩ママからお下がりでもらうこともできますし、オークションなどで安く買うこともできます。

他にも妊娠線予防クリームなどもコスパの良いものを選ぶといいですし、育児グッズなどももし、友人の先輩ママがお下がりをくれるならもらって節約をしていきましょう。