妊娠初期に気をつけること!食べ物編!生ものは注意しよう!

妊娠すると、今までの食生活で大丈夫だろうか?赤ちゃんに悪影響を与えないだろうか?食べてはいけない食べ物ってあるのだろうか?などなど色々な事が気になると思います。そんなこれから、ママさんになる方へ妊娠初期の気を付ける事食べ物編をご紹介します。

これ食べたらいけない…これ食べないといけないと敏感にならないで!

sanseiまず、最初にですが、妊娠すると今まで、食生活で大丈夫だろうか?これ食べても大丈夫だろうか?と色々と食べ物に敏感になってしまうことがあります。そして、敏感になりすぎてしまって、必要な栄養素を摂りいれなくなり、結果栄養バランスが崩れてしまう場合があります。

今回これはなるべく食べない方がいいという食品をまとめてみましたので、参考にしてくださいね♪

妊娠初期から妊娠中になるべく摂らない方いい食べ物

1.生の肉類、魚類、貝類 貝類は特に注意!

生の肉や生魚類、貝類には強い菌があります。特に貝類の菌はすごくて、食あたりするとすごいです。経験した事がある人には分かる思いますが、もう尋常じゃないですね。妊娠している時は、少し免疫が下がっている状態でもありますので、食あたりになりやすいので注意しましょう。

check--yellow--large 生卵にも注意!

新鮮な卵なら生でも大丈夫と言われおりますが、卵の殻にはサルモネラ菌がありますので、生卵を食べるときは注意して新鮮な卵を食べるか、しっかり火を通して食べるようにしましょう。

2.リステリア菌がある食べ物

以外と知らないリステリア菌。リステリア菌食中毒菌であります。妊娠中は免疫力が低下していますので、妊娠前に比べて菌に感染してしまう確率が非常に高くなります。

 リステリア菌を多く含む食べ物

cheku 生ハム cheku ナチュラルチーズ cheku スモークサーモン cheku ミートパテ

加熱は絶対!!

リステリア菌は熱をしっかり通す事で感染予防ができます。もし、チーズやサーモン、生ハムを食べる時はしっかり中まで、火を通すようにしましょう!これでもかというぐらい火を通しましょう。

zyoisan

3.水銀を多く含むマグロ類、クジラ類、サメ類、深海魚類

マグロと言えば、お寿司で食べる方も多いと思いますし、刺身で食べる方も多いと思います。おいしくて、タンパク質、DHAなどの栄養素はたくさんある食品の一つです。ですが、マグロにはメチル水銀が少し入っています。水銀は赤ちゃんに影響がありますので、摂らないようにしましょう。

水銀を含まれている食べ物は、マグロ類、クジラ類(イルカなど)、深海魚類(金目鯛、カサゴなど)、サメ類です。妊娠中にマグロ摂取は一週間に1回80g程度の摂取なら、大丈夫と厚生労働省からも出ています。マグロ類は栄養たっぷりですので、摂りたい食品でもあります。

摂りすぎは絶対ダメですので、1週間に80gを目安に食べるようにしましょう!

4.レバー

レバーには妊娠時に大事な栄養素である、葉酸がたくさん入っているのですが、ビタミンAがたっぷり入っています。豚レバーですと100g=13,000μg、鶏レバー100g=14,000μg、牛レバー少し少なく、100g=1,100μg含まれております。

国立健康栄養研究所によると、ビタミンAの多くの摂取は胎児に奇形を引き起こしてしまうリスクが高くなると言われております。どれくらいの量というと、1日7,800μgのビタミンAを摂ると胎児に影響が出ると言われております。7,800μgというと豚レバー40gほどです。

ほんの少し程度なら、全然大丈夫と言われておりますので、ちょっと食べてしまったよ…と言った方でも安心して下さい。過剰摂取する事だけは絶対にしないようにしましょう!

5.カフェインの過剰摂取

コーヒーや紅茶、ウーロン茶、ベットボトル、炭酸飲料水、コカコーラに含まれるカフェインですが、過剰摂取は流産、早産、低出生体重児のリスクが高くなると言われております。ですが、過剰摂取した場合です。1日1杯から2杯のコーヒーなら大丈夫と言われております。

1日に7杯以上コーヒーとは飲んではだめ!って事ですね。大好きなコーヒーや紅茶も飲めないのはストレスも溜まりますので、1日のご褒美に1杯楽しみにして飲んでみてはどうでしょうか?今はノンカフェインコーヒーなどがありますので、それを活用してもいいですね♪

6.アルコール 絶対厳禁!

アルコールは毎日の日課になっている人には、少し辛いと思いますが、アルコールは完全に絶つ事をオススメします。妊娠中にアルコールを摂取してしまうと、先天性疾患である胎児性アルコール症候群のリスクが高まります。胎児性アルコール症候群は神経系脳障害の1種であります。

今晩ちょっとだけ飲みたいから、飲んでも大丈夫だよね?飲んでしまう。そして、問題なく、出産できた。次の妊娠した時はどうでしょうか?一度飲んでも大丈夫だったとありますので、飲んでしまう可能性が出てきます。ですので、妊娠中は完全アルコールを絶つようにしましょう!

7.喫煙

これは食べ物ではありませんが、説明しなくても絶対ダメというのが分かると思います。妊娠時は喫煙は300%辞めるようにしましょう!旦那さんも一緒に喫煙者なら、禁煙をしてあげて下さいね。

まとめ

妊娠中はホント色々食べたいものは食べれなくて、飲みたいものは飲めなくて、色々と気にしないといけません。妊娠中は辛い事ばかりですが、赤ちゃんが生まれた時は、その辛さなんて一瞬で吹っ飛びます。もし辛い時、赤ちゃんが泣きながら生まれてくる顔を想像して下さい。

きっと、頑張れるはずです。出産まで、色々と大変ですが、乗り越えた後には幸せが待っていますので、頑張って下さいね♪出産応援しております♪

ieloo 葉酸サプリの準備はできていますか?

妊娠中に葉酸の摂取はしっかりできているでしょうか?葉酸を摂取しておくことで、胎児の先天性のリスクを軽減することができます。食事から葉酸を摂取することももちろんですが、葉酸サプリから摂取することも推奨されているので、葉酸サプリの準備もしておくように!!

>>妊活サプリの人気口コミランキングをチェックしてみる