妊娠したら、ストレスは厳禁!生活習慣を見直すようにしよう!

ストレスは妊娠したら、気を付ける必要があります。今まで以上に妊娠中はストレスを溜めやすくなります。ストレスは色々なところに影響が出てきますので、妊娠が分かった時点で、溜めないような生活習慣を送ることは非常に大事です。

ストレスは女性ホルモンの敵!

ストレスは体には良くないと分かっていても、今の世の中は通常の生活を送っていても、ストレスを感じてしまう事もありますし、溜めてしまう事だってあります。お肌にもよくはありませんし、便秘にもなりますし、抜け毛の原因にもなってしまいます。

cheku 妊娠前のストレスももちろんNG!
妊娠中のストレスももちろんなのですが、これから、妊娠しようと考えている方もストレスはNGなのです。ストレスによってホルモンバランスが乱れますので、月経周期が乱れてしまう場合もあり、月経周期が乱れる=排卵も乱れてしまいますので、妊娠しにくくなってしまいます。

妊娠中や妊娠を考え始めたらリラックスモードに切り替える

sansei現代の女性はお仕事をされている方がほとんどですので、仕事のストレス、人間関係等のストレスが溜まりがちです。いつも仕事を頑張っていて、妊娠を考えたり、妊娠が分かった時は少し手を抜いてリラックスして仕事をするといいでしょう。

頑張るのももちろんいいですが、頑張りすぎは赤ちゃんにもよくはありません。産休(産前産後休暇)がありますので、妊娠しても無理に働かれるママさんもいると思いますが、無理せず産休を取るようにしましょう!

規則正しい生活習慣は絶対に送りましょう!

kaitekisuiminストレスもホルモンバランスを乱す要因ですが、不規則な生活習慣も乱してしまう一つの要因です。たくさん睡眠をとることは、赤ちゃんを元気に育てるために大事なのです。

不規則な生活習慣を送っていると、自律神経のバランスが乱れてしまい、色々なところに体の不調が出てきてしまう場合もあり、お肌にもよくない、腸にもよくない、赤ちゃんにもよくありませんので、規則正しい生活を!

起床時刻と就寝時刻を決めておく!

起床時刻と就寝時刻って決まっているでしょうか?現代人の若い方のほとんどは決まっていなくて、このテレビが終わったら寝よう…スマートフォン、パソコンを見てから寝よう…などと適当な就寝時刻を決めてしまっています。起床時刻はある程度お仕事の関係で決まっていると思います。

問題は就寝時刻です!

最低でも、6時間以上は睡眠をとりたいですので、就寝時刻を決めておくのは大事です。6時間以上ですので、多めに睡眠が欲しいですので、起床時刻より-7時間を就寝時刻としましょう。

例 起床時刻AM7:00-7=AM0:00

寝付くまで、時間がかかってしまう人は7時間30分マイナスでもいいですし、8時間マイナスで計算するといいでしょう。重要なのですが、毎日決まった時間に起床し、就寝です。みたいテレビがあっても、夜までだらだらみなくて、録画して翌日みるようにしましょう。