たばこの胎児の影響について!妊娠したら禁煙は絶対しましょう!

妊娠しているのにも関わらず、喫煙をしている若ママもまだまだいますし、妊娠後も赤ちゃんをつれてファミレスの喫煙席に座っているママさんもパパさんもたくさんいます。非常によくはありません。今回はたばこの胎児の影響について解説をしたいと思います。

たばこを吸うと血液循環が悪くなる

kinenたばこを吸うと血液循環が悪くなるのはご存知だと思います。血液循環が悪くなるといったいどうなるかというと…栄養が体に行き渡りにくくなります。という事はお腹の中に赤ちゃんがいますので、栄養が必要なのに、栄養がしっかり行き届いていたに状態です。

そして、血液循環が悪くなって、栄養が行き渡りにくくなる以外にも、酸素がも赤ちゃんに届かなくなるのです。生きていくためには酸素は必要です。たばこを1本吸うだけで、赤ちゃんを苦しめてしまっていることは充分に理解しておきましょう。

たばこによる出産の影響

喫煙によって、栄養が行き渡りにくくなり、お腹の中で、育つ事を防いでしまっています。ですので、胎盤昨日が低下してしまう原因になり、流産の原因、早産の原因になります。

早産、流産のリスクが高くなってしまう、以外にも、早期破水、低出生体重児、胎児機能不全などのリスクも高くなりますので、妊娠中の喫煙は何一つメリットがありません。デメリットだらけですので、絶対に妊娠中は喫煙はしないようにしてください。

喫煙しないだけではなく、周りの副流煙にも気を付ける!

タバコを吸っている以上に有害と言われているのが、副流煙です。もし、パパさんが喫煙をしているなら、絶対に煙を吸わないようにしましょう。パパさんにも禁煙をしてもらうようにするのがベストです。家にいるときの副流煙だけではなく、外の副流煙にも気を付けないといけません。

カフェはもちろん、居酒屋、ファミレス、路上喫煙されている方にも気をつけましょう。

1本ぐらいなら大丈夫という甘い考えはなくしましょう!

中には、1本2本ぐらいなら大丈夫でしょうと思って、妊娠中に喫煙をしてしまってるママさんもたくさんいます。ですが、これは甘い考えです。例え、1本、2本でもダメ!喫煙だけではなく、アルコールも一緒の事。妊娠している時ぐらいは、我慢は絶対に必要です。

もし、その1本のたばこのせいで、生まれてくる赤ちゃんに何かあった場合の事を考えて下さい。もし、その1杯で何かあった時の事を考えて下さい。これから、元気に生まれてくる赤ちゃんのためにも絶対禁煙は成功させて下さいね。パパさんもがんばれ禁煙!!