鉄欠乏性貧血対策(予防)にも葉酸は有効的!症状や原因も解説!

妊娠するとほとんどのママさんは一度は経験していると言われており、鉄欠乏性貧血。鉄欠乏性貧血は妊娠するとなってしまう確率も上がりますし、妊娠中に経験をした事があるママさんは約半分以上いると言われております。症状や原因についてチェックしてみよう!

鉄欠乏性貧血とはいったいなんだろう?

hinketu

鉄欠乏性貧血とは、簡単に解説をすると、鉄分が不足してしまう事によって、貧血を起こしてしまう事です。

妊娠すると、赤ちゃんにたっぷり栄養を与えてあげる必要がありますので、血液(鉄分)が必要になりますので、鉄分不足になりやすくなる=鉄欠乏性貧血になりやすくなります。

 

 症状ってどんなものがある?

鉄欠乏性貧血の症状は貧血ですので、貧血症状があります。いつもより何だか疲れやすい、めまいがする、動悸が激しい、頭痛がよくあるなどの症状があります。

 原因っていったい何?

上記で解説している通り、妊娠中は赤ちゃんに栄養を送ってあげるために、たくさんの鉄分が必要になります。ですので、鉄分が不足してしまう事によって、引き起こしてしまいます。妊娠中じゃなくても、鉄が不足すると引き起こしてしまいます。

鉄欠乏性貧血対策は貧血を防ぐ栄養素をしっかり補おう!

鉄欠乏性貧血を対策するためには、もちろん貧血を防ぐ栄養素を摂る事が一番です。貧血に効果のある栄養素をご紹介しますので、参考にしてくださいね♪

 鉄分

もちろん、鉄分が不足する事によって、引き起こしてしまう貧血ですので、鉄分は絶対に摂りましょう。鉄分は、菜の花や小松菜、切干大根などに含まれております。レバー類にも含まれておりますが、ビタミンAが多く含まれておりますので、食べ過ぎには注意しましょう!

 タンパク質

タンパク質には鉄を助ける作用があります。鉄をタンパク質は相性がいい思って頂いたらいいと思います。お肉、魚、卵、大豆製品などに含まれております。

 ビタミンC

ビタミンCはお肌にもいい栄養素であり、鉄の吸収率をよくしてくれる効果もあります。緑黄色野菜に多く含まれておりますので、葉酸も意識して摂取するようにしましょう!

 ビタミンB12

ビタミンB12は葉酸と相性がよくて、ヘモグロビンを作るために大事な栄養素です。しじみやあさり、はまぐり、さんまなどに多く含まれております。

 葉酸

葉酸は妊娠中には欠かせない成分として知られておりますが、鉄欠乏性貧血にも役に立ってくれる栄養素です。ビタミンB12と相性がいいですので、ヘモグロビンを作るためには必要な栄養素です。

関連記事[icon image=”arrow3-g”]この野菜や果物が苦手な方は葉酸不足の可能性大!

葉酸はやっぱり妊娠中は必須栄養素である!

神経管閉鎖障害のリスクを減らすために、妊娠中の葉酸摂取は必須であり、鉄欠乏性貧血予防にも葉酸は役に立ってくれますので、葉酸はやっぱり妊娠中は必須栄養素なのであります。

好き嫌いが多く、葉酸を意識していない食生活を送られているママさんはたくさんいると言われておりますので、もし、葉酸不足になっているママさんは絶対摂るようにして下さいね。

葉酸が入っている食品がもし、大嫌いでどうしても食べれない方は、葉酸サプリメントを活用してでも、摂るようにしましょう!サプリメントはもちろん無添加で安全な物を選ぶことですよ!

cheku 安全で無添加な葉酸サプリメントランキングをチェックする!