妊活の第一ステップ!タイミング法についてチェックしてみよう!

妊活には色々な方法がありますが、その中でも一番されている妊活はタイミング法です。妊活の第一ステップは自己流のタイミング法です。タイミング法に必要なことや大事なことをまとめてみましたので、チェックしてみてくださいね。

自己流のタイミング法に必要なアイテムと大事なことのまとめ

chekukuro タイミング法に必要なアイテム

chekukuro 婦人体温計 chekukuro 基礎体温表 chekukuro 排卵検査薬

kihonyoタイミング法というのは、排卵日を予測してその予測した排卵日に愛し合うという方法です。ですので、排卵日を完璧に予測することは難しいですが、予測する必要があります。予測するためには、基礎体温を測る必要がありますので、まず婦人体温計があると便利です。

後排卵がきちんとあるかチェックするために、排卵検査薬を買っておきましょう。基礎体温を記録しますので、基礎体温表も買っておきましょう。スマートフォンのアプリを活用されている方も増えているといわれているので、アプリで管理するのもOKです。

chekukuro タイミング法の大事なこと

chekukuro 基礎体温を測る

タイミング法に一番重要なのは、排卵日を予測して、予測した排卵日に愛し合うこと。排卵日を予測するためには、基礎体温を測るのが有効的です。基礎体温の測り方ですが、いたって簡単です。朝起きた瞬間に体温を測って記録するだけです。

要チェックポイントは起きた瞬間です。起きてからトイレに行ったり、何かをした後に体温を測るのではなく、起きたらすぐに測るようにしましょう。ですので、枕元に体温計を置いておくのがベストです。起床後、起き上がらずにそのまま寝た状態で測るようにしましょう。

chekukuro おりものの変化をチェックしてみる

おりものの変化するのをチェックするのも排卵日の予測に役立ちます。おりものをきれいにした指ですくいチェックするのですが、少し抵抗があるという方がいると思いますが、気合いで乗り切りましょう。おりものの変化のチェック方法を見ていきましょう。

おりものの変化のチェック方法ですが、月経直後と排卵直前では、おりものの伸び方が違いがあります。指でどれくらい伸びるかチェックしてみてください。大きく伸びた時、またおりものの量が多いと感じたら排卵日が近い証拠ですので、予測に役立ててください。

chekukuro 排卵検査薬で予測

基礎体温表やおりものの変化をチェックしてそろそろかなと感じたら排卵検査薬でチェックします。排卵検査薬を使って陽性反応が出た時が妊活チャンスです。陽性反応が出てから排卵まで16時間~24時間といわれておりますので、陽性反応が出た時は妊活チャンスであります。

排卵日を予測するのもいいですが…

sansei排卵日を予測して愛し合う方法がタイミング法ですが、排卵日に限らず愛し合うのがやはり一番です。夫に今日は排卵日だからね!!みたいな感じで義務的になってしまうのが一番よくありません。

排卵日を予測して愛し合うタイミング法も大事ですが、定期的に愛し合うことも大事ですので、愛し合ってくださいね♪