ほうれん草は緑黄色野菜の代表格!葉酸もβーカロテンもたっぷり!

葉酸は緑黄色野菜に多く含まれているのですが、緑黄色野菜の中でも代表格となりますのが、ほうれん草です。ほうれん草は美容にも効果的ですし、血液サラサラ効果も期待できるので、苦手な方もちょっと頑張ってでも食べたい食品の一つであります。

ほうれん草に含まれている成分

ほうれん草に含まれている成分ですが、大きく分けて5つの成分があります。

[icon image=”check3-o”]ビタミンE [icon image=”check3-o”]葉酸 [icon image=”check3-o”]ビタミンB2 鉄分 [icon image=”check3-o”]βーカロテン

この5つの中でも多く含まれているのがβーカロテンです。他にもビタミンCやカリウムなども豊富に含まれておりますので、栄養価が緑黄色野菜の中でもトップクラスなのです。ですので、ほうれん草が苦手という方は、克服して食べるようにしてもいいと思います。

ですが…絶対無理!って人も多いと思います…笑私も以前はほうれん草が苦手でなんとか食べれるようになりましたが、もし、どうしても食べれないという方はサプリで補うといいでしょう。一番は好き嫌いせず食べる事です!青汁からでも摂取する方法も一つの手です。

ほうれん草はこのような症状が気になる方にオススメです!

ほうれん草は栄養価が高いですので、様々な症状に対応してくれます。

[icon image=”check3-g”]貧血 [icon image=”check3-g”]風邪 [icon image=”check3-g”]動脈硬化 [icon image=”check3-g”]高血圧 [icon image=”check3-g”]肌荒れ

このような症状が気になる方にもほうれん草はオススメです。免疫力アップ効果やアンチエイジングのための、抗酸化も期待できますので、美容には持って来いの食品なのだ!

妊娠中ももちろん葉酸が必要なのでオススメ!

ほうれん草は様々な栄養素がありますが、葉酸も多く含まれている商品の一つです。妊娠前や妊娠中はどうしても葉酸が必要になりますので、ほうれん草は良い味方になってくれます。

ほうれん草が大嫌いという方も、ちょっと目をつぶってでも食べたい食品です。目をつぶって、鼻をつまんだらきっと食べれるはず!無理な場合はサプリメントを活用しよう!

美容のため、これから生まれてくる赤ちゃんのためにも、ほうれん草をがんばって食べて下さいね。ほうれん草の卵とじとか、お浸しは鉄板料理ですよ♪